電話代行を取り入れると仕事がスムーズになる

導入のメリット

オペレーター

省力化とコスト削減

コールセンターには、商品の問い合わせやサービスに対する質問、クレーム対応などの部門があります。一般的にコールセンターは、「サポートセンター」や「カスタマーセンター」、あるいは「お客様窓口」などと呼ばれています。このようなコールセンターを支援するシステムが提供されています。コールセンターシステムには、「インバウンド型」と「アウトバウンド型」があります。インバウンド型は、かかってきた電話を受けるタイプ、アウトバウンド型はこちらから電話をかけるタイプのものです。コールセンターのシステムを導入することによって、電話を受ける場合もかける場合も自動化されて、効率的に電話を受けたりかけたりできるようになります。無駄な作業が何かが、一目でわかります。短縮できる部分をカットすることができるのが、コールセンターシステムの大きなメリットです。自動化されることで、オペレーターの負担が減りますし、コスト削減にもなるでしょう。サポートセンターやカスタマーセンターには、同じような質問や問い合わせが、一日に何十件と寄せられます。コールセンターシステムでは、それらの質問や問い合わせをまとめることができます。その結果、そのときの電話に出たオペレーターによって返答の内容が違ってしまうなどということがなくなります。オペレーターの質の向上は、顧客満足度へとつながります。コールセンターシステムを取り入れることで、業務改善になるでしょう。