電話代行を取り入れると仕事がスムーズになる

IT

営業支援システムの活用

営業を支援するシステムとはSFAと呼ばれており、顧客管理システムのCRMよりも営業に関する情報共有が効率よくなっています。IT化を上手く行うことで、営業を含む従業員が携帯端末で営業に関する情報をいつでもすぐに閲覧することが可能です。積極的に営業を支援するシステムを構築していきましょう。

オペレーター

導入のメリット

企業内で質問の回答やクレーム対応を行なうと、コストがかかってしまう場合がありますが、コールセンターを利用すれば、費用をかけずに対応することができます。顧客満足度を高めるためにも、コールセンターを利用してみましょう。

電話対応と業者活用

レディ

会社において電話対応は重要になっており、設置部署などによっては常時電話が鳴るなどし通常業務が行えないということもある。多くの事務所では、通常業務を行いながら電話対応することが一般的である。この電話対応について、1日に数回程度などそれほど頻度が高くない場合には業務を進めながら対応することも可能である。しかし、電話応対の回数が多く1日を通して頻繁に電話が鳴る場合には通常業務に支障が生じることもある。これらの電話対応に特化したサービスが、電話代行サービスであり、導入する企業も多くなっている。電話代行サービスでは、コールセンターのような形式で電話窓口を設置するものに対応する業者もあるが、通常はオフィス内での日常の電話対応が中心になる。月額数万円など比較的低料金で、電話代行を行うスタッフを派遣してもらうことができる。これらの電話代行業者のスタッフでは、電話の取次ぎなどを専門としており事前教育されていることが多いため、従業員に比べた場合にも電話対応で問題ないことが多くなっている。電話代行業者の活用では、社内の電話取り次ぎの他、顧客からの電話対応なども行ってもら事ができる。その為、電話代行業者の担当者に電話を集中させ、従業員は通常業務に注力させることができる。これらを行なうことで、従業員は業務を効率よく進められるようになるため、トータルとしてコスト削減や職場環境の改善につなげていくことも可能になる。

女性

しっかりと管理するには

営業日報は営業戦略をたてるための、非常に重要なツールのひとつです。営業日報を効果的に利用するためには、システム導入を行うのがベストです。システム会社と打ち合わせをして、どのような情報を営業日報から得たいのかを伝えれば、希望通りのシステムを構築してくれます。